スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月10日、「介護給付等費用適正化事業」を対象に行政事業レビューの「公開プロセス」を行った。同省老健局介護保険計画課は、縦覧点検の徹底などを盛り込んだ改革案を提示したが、外部有識者からは「事業内容を厳密に見る必要がある」などの声が上がり、8人全員が改革案では「不十分」と判断。今後の事業の継続については、このうち5人が「継続するが、さらなる見直しが必要」とした。事業の実施状況の把握については、7人が「不十分」と判断した。

 厚労省は、介護給付費や介護保険料の増大を抑制するため、2008年度以降、都道府県や保険者と連携し、▽認定調査状況のチェック▽ケアプランの点検▽住宅改修等の点検▽医療情報との突き合わせ・縦覧点検▽介護給付費通知-などから成る「介護給付等費用適正化事業」を推進している。同省によれば、適正化事業を積極的に実施している保険者ほど、給付費の伸びを抑制できているという。その一方で、取り組み状況に地域差が見られるなどの問題点も指摘されていた。

 席上、介護保険計画課の担当者は、これまでの事業を継承すると同時に、特に介護給付費通知と、医療情報との突き合わせ・縦覧点検の実施を徹底するなどの内容を盛り込んだ改革案を提示。事業の妥当性を訴えた。

 これに対し、筑波大大学院の吉田あつし教授は、「縦覧点検の推進で大きな成果が上がったとしているが、(縦覧点検は保険者が)当然、行うべきこと」とした上で、予算を組んで実施を後押しするのではなく、「(縦覧点検をしていない保険者を)指導すべきではないか」と提言した。

 また、中央学院大社会システム研究所の福嶋浩彦教授は、適正化事業の一環として広報用のパンフレット作成費用を計上している自治体があることを問題視し、「この枠組みでやるのはおかしい。事業の意味が薄れてしまう」と批判。ジャーナリストの岩瀬達哉氏は、自治体の適正化事業の内訳を厚労省が把握し切れていないとして、「(適正化事業の予算として)国から公金が出ている以上、その内訳は当然、把握しておくべき」と述べた。


【関連記事】
救急相談、モデル事業継続に疑問の声
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」
行政事業レビューの「公開プロセス」がスタート―厚労省
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相

<掘り出しニュース>きっかけは夫とのけんか  岐阜でチャプリンの通訳を務めた辻種子さんの秘話(毎日新聞)
<郵便不正事件>村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)
鹿児島側、県境6カ所を封鎖=口蹄疫対策で12日午後にも(時事通信)
過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」―東京地裁(時事通信)
村上隆がセレクトするギャラリーショップ「Hidari Zingaro」(Business Media 誠)
スポンサーサイト

学生1400人の情報流出=教授がUSBメモリー紛失―関西大(時事通信)

 関西大学(大阪府吹田市)は28日、同大大学院法務研究科の男性教授(55)が、学生1423人分の氏名や成績が記録されたUSBメモリー1個を紛失したと発表した。不正使用は確認されていない。
 同大によると、教授は23日午前、大阪市内の自宅でUSBメモリーの紛失に気付き、同日午後、府警曽根崎署に遺失物届を出したが、同大に報告したのは27日になってからだという。 

<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り―野良猫餌やり訴訟(時事通信)
松井さんなら松、竹中さんは竹彫刻「しゃれ表札」(読売新聞)
最も安いと思う魚は「サンマ」、では最も高いと思う魚は?(Business Media 誠)
首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」(産経新聞)
プロフィール

Author:たけもとゆうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。